【学生向け】初めてのキャンプでおすすめの焚火台3選!

2 min 127 views
もめんとうふ

もめんとうふ

FOLLOW

キャンプといえば焚火!初めてだとどの焚火台を選べばいいかわからないと思います。この記事ではそういった方の手助けになるように、初めてのキャンプにおすすめの焚火台を紹介していきます。

初めてのキャンプでおすすめの焚火台

ファイヤーディスク(Coleman)

良い点

  • 足を3本立てるだけで設営が超簡単
  • 直径45㎝ある広い焚火スペース
  • 組立、解体が全くないので手入れが簡単

悪い点

  • 組立式のものと比べると収納スペースが必要

とにかく設営、撤収が簡単なので本当に楽です!私は使用後水をかけてふき取るくらいしかしてませんがそれだけで十分です!
専用の網がついてるので調理も簡単にできます。
皿が浅くてよく燃えるので、純粋に炎を楽しみたい方には特におすすめです。

ファイアグリル(UNIFLAME)

良い点

  • BBQ、ダッチオーブン料理など料理がしやすい
  • 少し大きめの薪でもそのまま入る大きさ
  • オプションパーツが豊富

悪い点

  • 多少組み立てが必要

私的にはオプションパーツの豊富さが一番の強みだと思います。トングを掛けたりするハンガーやダッチオーブンを吊るす用のハンガー、専用鉄板などがあり、汎用的に使えます。

ピラミッドTAKIBI L(LOGOS)

良い点

  • ダッチオーブンも問題なくおける丈夫さ
  • オプションパーツが豊富
  • 収納サイズが比較的小さい

悪い点

  • 組立が必要
  • 他2つと比べると価格が高い

ファイアグリルと比較してもオプションパーツは豊富だが、ファイアグリルより価格が高いのが難点。組み立てはパーツを重ね合わせるだけなので簡単です!LOGOSが好きでほかのギアもLOGOSにする予定の方には一番おすすめです。

まとめ

以上3つのおすすめ焚火台を紹介してきましたが、自分のスタイルに合った焚火台を選ぶことが一番大事だと思います。料理メインなのか、炎を楽しみたいのかなど考えながら選んでみてください。きっと理想の焚火台に出会えるはずです。最高の焚火デビューがでできるよう応援しています!

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です