【初心者必見!】キャンプデビューに最低限必要な道具6選!

2 min 23 views
もめんとうふ

もめんとうふ

FOLLOW

こんにちは。もめんです。

キャンプって必要な道具が多くて揃えるのが大変、、、

荷物になるし、お金もかかる、、、

そんな方のために、今回はキャンプデビューに最低限必要なものを紹介します。

キャンプデビューに最低限必要なもの

テント

まずはテントです。日常生活でいう家になるので絶対に必要です!初めのうちは安いもので構わないと思うので、必ず用意しましょう。ただ、続けるかわからなくて買うのは不安という方もいるともいます。そんな方におすすめの方法がレンタルです。今では道具をレンタルできるキャンプ場も増えていますし、レンタルサイト等もあります。おすすめのレンタルサイトのリンクを下に貼っているのでよかったら覗いてみてください。


焚き火台

焚き火台も必要になります。焚き火なんて地面でやったり石を組んでやったり、、、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にキャンプ場では直火NGです。地面や芝を守るためです。必ず用意しましょう。

テーブル、チェア

キャンプって実は意外と座ってる時間が長い、、、。地べたスタイルでやるのも良いですが、どうしても腰が痛くなります。なので椅子はあったほうがいいです。

そして必ずしも地面が平らという訳ではないのでテーブルも用意しておきましょう。大きさは自分のキャンプスタイルに合うもので大丈夫です。

マット

当たり前ですが地面は非常に硬いです。そのまま寝ると非常に寝ずらいんです、、、。それを解消してくれるのがマットです。


ウレタンマット、インフレーターマット、エアーマットなど様々ありますが、初めはウレタンマットが無難です。これがあるのとないのでは寝心地が大分違ってきます。

寝心地だけ重視するのであればコットという選択肢もありでしょう。

カセットコンロorシングルバーナー

基本焚き火で調理するからいらないと思われがちですが、用意しておいたほうが良いです。なぜなら、焚き火だけで全ての調理をするのは大変だからです。コンロやバーナーがなければコーヒーを入れるのにも焚き火をしなければならずかなり手間がかかります。また朝から焚き火をするのも片付けが大変なので、朝ごはんの調理はコンロで済ませるほうが楽です。

基本的には家であるコンロで代用できますが、周りのひらけた広場のようなサイトだと風でうまく調理できないことがあるので、でいればアウトドア用のものを用意しましょう。

クーラーボックス

冬ならなんとかなりますが、春夏秋は絶対に用意しましょう!一泊程度であればそこまで高いもので無くても耐えてくれるので、キンキンに冷えたビールを飲むためにも必ず用意しましょう!

他のものは必要ない?

他のものは基本的に家にあるもので代用できます。

例えば、調理道具は普段使っているものを持っていけば良いですし、寝袋も冬以外であれば家の布団や毛布で代用できます。

いきなり専門のもので揃えるとかなりお金がかかるので、まずは代用できるものは代用して徐々に専用のキャンプ道具を増やしていきましょう!


最後に

私自身、学生時代にキャンプデビューしましたが、当時何も考えずに必要そうなもの全部買ってたら大破産しました、、、。

皆さんはそうならないようにしっかり調べて必要なものだけ揃えてキャン雨デビューしてくださいね!

素敵なキャンプデビューになることを願っています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です